So-net無料ブログ作成
検索選択

チューリップ 青春の影 よく読めば分かる

この歌は不倫の歌ともプロポーズの歌とも言われていますが、よく読めば何について書かれているのかが分かります。
1
君の心へ続く永い一本道は

いつも僕を勇気づけた
とてもとてもけわしく細い道だったけど
今君を迎えにゆこう
自分の大きな夢を追うことが
今迄の僕の仕事だったけど
君を幸せにするそれこそが
これからの僕の生きるしるし

2
愛を知ったために涙がはこばれて
君のひとみをこぼれたとき
恋のよろこびは愛のきびしさへの
かけはしにすぎないと
ただ風の中にたたずんで
君はやがてみつけていった
ただ風に涙をあずけて
君は女になっていった

3
君の家へ続くあの道を
今足もとにたしかめて
今日からは君はただの女
今日から僕はただの男


ここから解説
これは時系列的には2→1→3となっています。2の内容は女が付き合っている男を愛しはじめた内容になっています。恋から愛にかわっていく様が描かれています。しかし男は自分を愛してくれていない。付き合ってはいるけど愛してくれてはいないのです。自分は相手を愛しているけれど、相手は自分を愛してくれていない。それが愛のきびしさなのです。なぜ男が自分を愛してくれないのか?その理由は1に描かれています。
自分の大きな夢を追うことが今迄の僕の仕事
男は大きな夢を追っているから女を愛せなかったのです。でも男はその夢を諦めて女と結婚する事を決意するのです。それが1の歌詞ね。


今日からは君はただの女
今日から僕はただの男

この部分が意味するのは青春時代の特別な恋や大きな夢というものよりも、平凡な愛を選んで受け入れていく様が描かれています。

普通に読めばプロポーズの歌なのに、どこをどうやったら不倫になるのか自分には理解不能です。
色々な解釈が出来ると書かれてるものもありましたが、この曲の歌詞はぼかしたりせずハッキリ書かれているので、色々な解釈は出来ないです。



眠い寝る



詰将棋は26問です。



スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: